ナチュリカDPと同じ!江戸時代のハミガキ粉には「砂」がつかわれていた!

最終更新: 2018年6月11日

先日、TVをみていたところ

日本のハミガキの歴史にまつわるお話をしていました。

そのTV放送によるとハミガキの歴史は江戸時代にさかのぼるそうです。


そして江戸時代にも 「房楊枝(ふさようじ)」 と呼ばれる「歯ブラシ」や

ハミガキ粉もあったようで





「房楊枝」をつかう女性の浮世絵

江戸時代の歯ブラシ「房楊枝」

江戸時代長く愛され使われ続けてきたハミガキ粉として

つかわれていたものは「みがき砂」というもらしく

「砂」を精製したもので、なかでも房総地方で採取された

「房州砂(ぼうしゅうずな)」は最良とされハミガキ粉そして使っていたそうです