古代エジプト人も土でハミガキしてた!?



江戸時代のハミガキ粉がきっかけで

ハミガキの歴史をしらべてみました!


ハミガキは、紀元前5千年には既に歯磨きが習慣化され

紀元前5千年のバビロニアでは、食前に麻を使って磨いていたのだそうです。



世界初の歯医者と言われているヘシ・レ(※1)が現われる2000年前から、エジプト人やバビロニア人は、枝の先をボサボサになるまでほつれさせた「チュー・スティック」を歯ブラシを使っていたそうで、こうした歯ブラシは、紀元前3500年前のミイラが安置された墓の中から見つかっているとのこと


チュー・スティク。江戸時代の房楊枝と同じ素材の樹木なんですね!

 もっと驚くのは、この1500年前には、エジプト人は土や石が入った歯を磨くペースト状の磨き粉を使っていたこと!


歴史上で最古の歯磨き粉と言われているのは、紀元前の古代エジプトの医学書に記されたものであるとされおり、その歯磨き粉は「ビンロウの実」「蜂蜜」「燧石(すいせき)」「緑青」「乳香」「粘土」といった材料をすべて混ぜ合わせたものであるそう。


なんと!古代エジプトでも、ハミガキ粉に土は使われていました~!

下層階級の人たちは、脇の下と同じくらい